転職面接:退職理由に関する質問の必勝法

退職理由には、その人の《仕事観》《人生観》が現れる

面接官は、入社して「すぐに辞められては困る」から、前の会社を退職した理由にこだわります。あなたは、前の会社に不満があったから転職を決意したはずです。この不満には《仕事観》 《人生観》がにじみ出るものです。面接官は、どんなに有能な人材でも会社との相性を最も重視するので、納得いくまで突っ込んできます。だれにでも理解できる回答を準備することが大切です。

退職理由は前向きな表現で語る

前の会社をトラブルで辞めた場合(会社が調査済みの場合もある)は、大きなマイナスポイントです。しかし、面接時にそのことを正直に告白する必要はありません(円満退社と答えたとしても問題はない)が、どんな理由で退職したとしても、常に前向きな表現を使って答えましょう。

あわてたり、オドオドしたりすることは厳禁です。書類選考で通ったのですから、会社側はあなたのキャリアに興味を持ったことは確かなのです。ここが勝負時と腹をくくって応対しましょう。

退職理由を前の会社のせいには絶対しない

会社の都合で辞めざるを得なかった場合などは、正直に答えなければなりませんが、会社の悪口や同情を引くような話をしてはいけません。同情で採用する会社はまずありません。自分の目標や将来像などを具体的にアピールして,そこへ向かう《熱意》や《前向きな姿勢》を示すことを心がけましょう。

 

必ず成功する履歴書・職務経歴書の書き方・見せ方

どんな履歴書用紙を使うのがベストか?

履歴書には、書式や大きさの異なるいくつかの種類がある。大きな文房具店に行けばいろいろな履歴書用紙を見ることができる。縦書きがいいのか、横書きがいいのか。A4がいいのか、B4がいいのか JIS規格品がいいのか、そうでなくてもいいのか。

例えば、履歴書用紙のトップメーカー、株式会社コクヨでは、現在3タイプの用紙を製造·販売している。

  • ①B4サイズ(257ミリ×364ミリ)コクヨオリジナル書式
  • ②B4サイズ(257ミリ×364ミリ)JIS対応書式
  • ③A4サイズ(210ミリ×297ミリ)JIS対応書式

このうち、現在最も売れているのは、①)のタイプだという。この用紙の書式は、JI S規格に対応していない。

しかし、「スポーツ·クラブ活動などの記入項目が豊富にあり、自分をアピールしやすい内容になっている」(同社社長室広報グループ)ことに人気があるようだ。

書式も社会の変化で変わっていく

履歴書用紙の書式や項目は、以前からずっと同じだったわけではない。ユーザーや企業の要望に応えて変化してきた。

履歴書の形式·内容が変わってきた原因は、社会の変動、ユーザーの要望によるものがほとんどです」とは、前出広報グループの話。履歴書メーカーには、さまざまな質問や要望がユーザーから寄せられるという。中でも最も多い問い合わせの内容は、「記載項目の変更の理由、履歴書の書き方について」だそうだ。

履歴書を選ぶときには、文房具店でいくつかを比べてみて、自分がよりアピールしたい項目が多く書き入れられるような用紙を探し出すことである。サイズはB4で横書きのものがスタンダードだ。転職希望者の場合は、一般的には職歴欄や志望動機の欄が広くとられている用紙が使いやすいだろう。

 

必ず成功する履歴書・職務経歴書の書き方・見せ方

仕事の探し方:転職フェアに足を運んでみる

転職活動ははかどっておられますか?

えっ?転職活動を開始したものの自分に合う会社を見つけられない?

なるほど。よくあることです。

でも、どうやって求人を探していますか?転職エージェントを使ってますか?転職サイトは?

まずは、そこの活用から始めてはいかがでしょうか?

そして、外部を使わなくても求人をしている会社を探して直接話を聞くことができます。

そうです。転職エージェントが主催している「転職フェア」です。

 

●企業の人事担当者と直接話せるのが最大のメリット

求人広告だけでは、その会社の経営方針や業務内容がよくわからない。そう感じたら、転職フェアに足を運ぶことをおすすめします。転職フェアは、同じ業界や同じ業種の求人企業が一堂に会し、それぞれにブースを設けて行う合同の会社説明会です。その場に行けば複数の会社を回れるので、比較しながら自分に合う会社を探すことができます。さらに、各ブースでは、企業の人事担当者から直接話を聞けるので、業務内容や条件面など具体的に知ることができます。

●自分をアピールする場としても活用できる

自分に合う会社のリサーチや業界の研究に役立つ転職フェアですが、情報を入手するだけでなく、自分をアピールする場として活用することもできます。面談は約0-20分くらい。もし、その会社に興味があれば、どんなキャリアがあり、どんな仕事ができるのかをその場で強く印象づけておきましょう。人事担当者に好感を持ってもらえたら、後日、いざ面接、となったときに有利になります。

●自分が目指す業界の転職フェアを見逃さないようにする

転職フェアは、新聞社や求人情報誌が主催するものや、U.1ターン転職者を対象に地方公共団体が主催するものなどいろいろ。開催のお知らせは新聞や求人情報誌、インターネットなどに載ることが多いので、目指す業界の転職フェアを見逃さないように、いつもアンテナを張っておくことが大切です

 

出典:「勝つ‼転職・再就職/再出発の手引き」就職問題ネットワーク / 法研からの抜粋

職務経歴書の書き方 – 営業職を例に

営業の実績アピールは具体的に

職務経歴書には何より具体性が重要です。特に実績の記載はそうです。

逆に実績の記載に、顧客数や売上額や契約数等が書かれていないと、「この人はどこまで仕事ができるのか分からない」となって印象に残りません。

もっとも、同じ業界であっても商品や顧客の階層が違えば、数字の意味も違ってきます。

ネジ1本売るのも、家1軒売るのも営業です。契約件数も、月数件で十分な業界もあれば数万単位の業界もあります。売上金額だけ、契約件数だけでは、参考になりません。

そこで、目標達成率や、対前年比などを使って数字の意味を示し、総合的·多面的に見せることが必要になってきます。

数字は切り札ですが、それだけでは不十分。職務の背景となる、営業形態、担当部署、取扱商品やサービス、顧客、などの基本事項、を押さえておかなければなりません。

営業形態は、不特定多数を相手にした営業か、ルートセールスか、を明らかにします。

取扱商品についての記述が大切なのは、商品の種類や価格で、売り方が違ってくるからです。一般的でないものは説明も必要です。顧客の種類も明らかにしておきます。会社相手か、個人向けか。個人向けなら主要顧客の性別·年齢層も示しておきます。

 

最後に「自己PR」も必ず入れる

職務経歴書に、自己PRを書かない人がいますが、なんとももったいないです。「添え状」または「自己PR書」とのかね合いから、どこに書けばいいかわからないからでしょう。

WEBエントリーが増えてきた最近は、「履歴書」「職務経歴書」のほかに「自己PR書」の提出を求める企業もあります。提出を求められれば、これはもう立派な応募書類です。添え状とは別に自己PR書を書かねばなりません。提出を求められなければ、別紙にする必要はありません。職務経歴書に、堂々と【自己PR】という項目を立てましょう。これを欠くと、強み·能力が伝わりません。

自己PRの書き方のポイントは、ひと言でいえばヒューマンスキルです。

これは、仕事への取り組み姿勢や、目標達成意識の高さ、協調性や柔軟性、向上心あるいは向学心、発想力、表現力、調整力、交渉力、コミュニケーション能力、情報収集力、指導力、決断力、リーダーシップなど、個人のもつ能力です。

これらは、教育や訓練では簡単には身につかず、採用するときに大きなポイントになります。セールスポイントだけを箇条書きにして、罫囲みする方法もあります。

 

 

抜粋書籍:オアシスインターナショナル株式会社  「これだけは知っておきたい 履歴書・職務経歴書の書き方」

 

参考サイト:職務経歴書の書き方、フォーマット・見本

 

 

退職の意志はこうして伝える

退職の意志は、まず直属の上司に口頭で伝える

退職をスムーズに行うためには、会社や上司、同僚などに迷惑のかからないように極力心がけるのが、退職者の礼儀です。いきなり「退職願」を突きつけるやり方は避けましょう。まず、直属の上司に相談するという形で、退職の意志を伝えます。あくまでも謙虚な態度で、退職の理由を伝え、理解してもらうようにします。その後に、正式な「退職願」を提出するのが筋であり、円満退社につながります。

相談するタイミングは、上司の都合を考えて

退職は人生の大切な節目ですから、酒の席などで同僚に触れ回った後で、上司に相談を持ちかけるという態度は感心しません。また、上司に相談するときも、軽々しい態度は慎み、改まった口調で「ご相談があるのですが……」という誠実な態度で臨みましょう。さらに、内容が内容ですので、上司が忙しい時間帯や帰り支度をしているときなどは避けましょう。

退職理由は、本音をぶつけるのは控える

上司は、退職理由を尋ねてきます。そのとき「会社の体質が古いから」「先輩の00と合わないから」など、会社の不満や人間関係を挙げるのは禁物です。正直なところであっても、円満退社にはほど遠い結果をもたらします。原因はあくまでも自分側にあることを伝えましょう。たとえば、「語学力を磨きたいから」「家業を手伝いたいから」など、個人的理由や家族の事情などが無難です。

 

書類審査を突破するためのテクニック

求職レター作戦は有効

良き手紙は心を打つ

今は”転職時にが進行しつつあるわけですから、あなたが(おっ、この会社、いいな!)と考えて職務経歴書を送る気になった求人広告には大体、50倍-100倍の就職倍率がある,と見ておいて下さい。こうした状況下では「○月×日までに職務経歴書送付のこと」とあっても、ただ職務経歴書を送るだけでは効果薄です。実に秀れたキャリアの持主も応募するわけで、普通のキャリアの人は、なかなか面接にまで漕ぎつきません。厳しいものです。なんとか相手企業の人事マン氏に、(この人には会ってみたいナー)と思わせる手立てはないものでしょうか?

例えば、求人広告を出した企業での社長や人事部長の語らいの場面を考えてみましょう。

部長「大変ですよ、社長!なんと300通もの応募がありました!!僅か2、3名を採用するだけなのに……」

社長「うーん、弱ったなぁ!全員と面接していたら社業が停滞しちゃうぞ。よし、とにかく一流大卒で転社3度以内の人間に絞って会うことにしよう!」

部長「はい……」

社長「そうそう、それとな、学歴はどうあれユニークな奴、我が社のことをよく調べて、ちゃんとした目的意識を持つ人は、必ず面接するようにしような……」

部長「はっ、仰せの通りに 」

とまあこんな情景があるわけです。

東大·京大出クラスならともあれ、一般私大出の方や高卒の方は、この後段のユニークな人か目的意識を持つ人に入れて貰わぬ限り、面接まで行かないでしょう。

そこで、これからは,レター作戦”が不可欠となります。職務経歴書と共に「私が貴社を志望する理由&私の自己PR」をテーマとした志望手紙を付けて送ることです。

その内容としては、

  • なぜ受験する気になったか
  • これまでの職歴の説明
  • 就囚前職でどの程度の実績を挙げたか
  • 私が入社したらどの方面で役立てるか
  • 私の長所と欠点
  • 貴社の製品·サービスに対する私の意見

等について、簡潔明瞭に書くことです。

もちろん、公的な手紙文の常識を踏まえ、「拝啓」やら「草々」は使わなくてはなりません。

アイサツ抜きで、「とにかく私を入れて下さい!」だけの文章では逆効果です。

良く書かれた手紙は最高の効果を呼ぶ場合があります。このような方法で再就職に成功した方を私は何人も知っています。いえ,私自身、フリーになって以来、例えば実業の日本社の専属ライターにして頂いたり、興味を持った会社の社外アドバイザーになろうとした折は、いつも「手紙作戦」を用いて、成功してきたものです。

もちろん、初めのうちはなかなか「相手方を感銘させる手紙」は書けませんでしたが、何度も続けるうち、手紙に熟達して来たわけです。

ひとつ、あなたもこの作戦を実行して下さいませんか?

速達ないし持参による職務経歴書送付も

トップも人の子

様々な会社に取材で出向き、人事部長氏にインタビューする度に、

「ねぇ、部長さん。おたくの会社では中途採用者の求人広告を出し,どっと職務経歴書が舞い込んだ時に、到着順位を重く見ますか?」などと細かい点を尋ねることにしています。

すると、

「そうですねぇ。採用側も人の子です。求人広告を出せば、どんな人が応募してくるのかとワクワクして、早目に到着した人々の方を、熱心に目を通しますね。熱心に見れば、なんとなく気も動きますよ。結果として、締め切り間際にギリギリで届いた職務経歴書の人より重視してしまうことは往々にしてあるものです 」

あるメーカーの取締役·人事部長氏がこんな述懐をしていたものです。

もちろん、「順序は関係ないです」と答える人事マン氏もおりましたけれど、やはり早く職務経歴書の届いた人を、熱心な人と見る点は、厳しい転社時代の下では、多くの会社で共通しているわけです。

したがって、郵送する職務経歴書(そしてできたらカバーレターも同封したもの)はなるべく早目に相手企業に到着した方が有利なのだと私は考えます。

そこで、速達で送るか、相手方企業に直接、持参する方法が考えられるのです。極端に言いますと、朝刊を六時に見て、あらかじめ書いておいた職務経歴書と、一時間ぐらいで書き上げた求職レターを、七時に郵便局へ持参して投函すれば、東京都内、大阪府内、あるいは「同県内」なら、その日のうちに到着します。

あるいは暇があれば「お近くへ参りましたので」と持参しても、べつにズルイ奴,とは思われぬものです。

私が受けた相談の中に32歳の0さんのケースがあります。長く失業していた0さんは何度、職務経歴書を送っても「残念ながらあなたは……」のお詫び状と共に返送されてしまう、と嘆いていましたっけ。

なぜそうなるのだろうか、と事情を尋ねるうち、大ていの場合、彼は「迷って迷って迷い抜いて 」、締め切り日間際に職務経歴書を送っていたのです。

内向型の人々はいつも迷い抜くもので、その点は私も同じ性格なのでよく分るんです。

そこで「それじゃあ、Oさん、今後は、広告を見たその日に相手企業に持参して下さい!」とお願いしたのです。

この方法を実行して何社目かに、たまたま、相手企業の社長にその熱意を気に入られて就職が決まった、と報告してくれました。中小企業でしたが、求人広告を出した側のトップはソワソワと落着かぬ気持で応募を待っていたのでしょう。そこに彼が職務経歴書持参で訪れたので、その場で面接をされて、合格したわけです。

熱意、情熱、打てば響く反応,こんな表現を企業トップはいつも口にしています。

ですから、職務経歴書送付も「人に先んじよ」ということが有効な作戦となるわけです。

 

えっ?そもそも職務経歴書の書き方が分からない?それならこちらを参考までに紹介しておきましょう。

職務経歴書の書き方、フォーマット・見本

 

 

「かしこい転職、上手な離職 – 転職探し87のポイント」本多信一 / 総合法令からの抜粋