転職面接:退職理由に関する質問の必勝法

退職理由には、その人の《仕事観》《人生観》が現れる

面接官は、入社して「すぐに辞められては困る」から、前の会社を退職した理由にこだわります。あなたは、前の会社に不満があったから転職を決意したはずです。この不満には《仕事観》 《人生観》がにじみ出るものです。面接官は、どんなに有能な人材でも会社との相性を最も重視するので、納得いくまで突っ込んできます。だれにでも理解できる回答を準備することが大切です。

退職理由は前向きな表現で語る

前の会社をトラブルで辞めた場合(会社が調査済みの場合もある)は、大きなマイナスポイントです。しかし、面接時にそのことを正直に告白する必要はありません(円満退社と答えたとしても問題はない)が、どんな理由で退職したとしても、常に前向きな表現を使って答えましょう。

あわてたり、オドオドしたりすることは厳禁です。書類選考で通ったのですから、会社側はあなたのキャリアに興味を持ったことは確かなのです。ここが勝負時と腹をくくって応対しましょう。

退職理由を前の会社のせいには絶対しない

会社の都合で辞めざるを得なかった場合などは、正直に答えなければなりませんが、会社の悪口や同情を引くような話をしてはいけません。同情で採用する会社はまずありません。自分の目標や将来像などを具体的にアピールして,そこへ向かう《熱意》や《前向きな姿勢》を示すことを心がけましょう。

 

必ず成功する履歴書・職務経歴書の書き方・見せ方